« (780) K-20 怪人二十面相・伝 | トップページ | (782) ルパン三世 バビロンの黄金伝説 »

2012年6月13日 (水)

(781) 名探偵コナン 紺碧の棺

【監督】山本泰一郎
【出演】高山みなみ(声)、山崎和佳奈(声)、林原めぐみ(声)
【制作】2007年、日本

劇場版「名探偵コナン」シリーズ第11作。トレジャーハンターの狙う財宝をテーマにした作品。

仲間とともに孤島に訪れたコナン(高山みなみ)たちは、トレジャーハンターたちが海に沈む財宝を狙っていることを知る。ハンターの一人が、何者かに仕込まれた魚の血のせいで、鮫に襲われ、死亡する。トレジャーハンターたちは、毛利蘭(山崎和佳奈)と友達の園子(松井奈桜子)を人質に取り、宝を狙う。一方のコナンも、島の役場の職員、岩永(堀内賢雄)が仕掛けたの宝探しの暗号を手がかりに、宝に迫る。蘭と園子を亡き者にしようとしていたトレジャーハンターたちだったが、コナンの放ったサッカーボールによって気絶する。
トレジャーハンターに魚の血を仕込んでいたのは、岩永だった。彼は、伝説の女海賊、アンとメアリーの残した宝の謎を解くため、トレジャーハンターの行動を邪魔しつつ、コナンをつけていたのだ。
結局、謎のお宝とは、女海賊が残していた海賊船だった。海賊船は300年の時を経て、海上に姿を現すが、直後に崩壊し、海の藻屑となるのだった。

海底で絶体絶命の危機に陥るコナンが、鎖のかけらを蹴り上げ、放つ火花でたまったメタンガスを爆発させ、岩盤を破壊して海賊船ごと浮上しようというシーンは、ちょっとハラハラドキドキした。全体的には、少々小粒な印象だった。

【5段階評価】3

|

« (780) K-20 怪人二十面相・伝 | トップページ | (782) ルパン三世 バビロンの黄金伝説 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (781) 名探偵コナン 紺碧の棺:

« (780) K-20 怪人二十面相・伝 | トップページ | (782) ルパン三世 バビロンの黄金伝説 »