« (758) ジャングル大帝 | トップページ | (760) クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦 »

2012年5月22日 (火)

(759) トゥルーマンショー

【監督】ピーター・ウィアー
【出演】ジム・キャリー、エド・ハリス、ナターシャ・マケルホーン、ローラ・リニー
【制作】1998年、アメリカ

日常生活をそのままテレビ番組にされている男の冒険を描いた作品。

保険会社に勤めるトゥルーマン(ジム・キャリー)は、巨大なドーム型セットの中で多数の俳優・エキストラに囲まれて暮らしていた。彼の行動は5,000あまりの隠しカメラで24時間ライブ放映されているが、本人だけはそのことを知らされていなかった。
彼は幼い頃、海で遭難し、父親を失っていたが、浮浪者の役で登場した彼にトゥルーマンが気付いてしまう。その後も不可解なことに気づき始めた彼は、番組制作者の裏をかいて家を抜け出し、海に出る。制作者の嵐攻撃にもめげず、彼はついに、海の果ての壁面にたどり着く。
制作者の責任者、クリストフ(エド・ハリス)は、中の方が安全だぞ、と忠告するが、彼はドームの外へ偉大な一歩を踏み出す。視聴者も彼の決断に喝采をあげるのだった。

トゥルーマンの妻(ローラ・リニー)や友人などがさりげなく商品の宣伝をしていたりするのが楽しいが、基本的に設定に無理がありすぎて、ちょっと感情移入の難しい作品だった。だって、人間である以上、鼻くそもほじくればうんこもする。妻との性生活もあれば自慰だってするだろうし、全てをテレビ放映、しかもライブなど、はなからありえない。まあ、あまり深く考えてはいけない作品であるが、それゆえ奥の深さは感じられなかった。

【5段階評価】3

|

« (758) ジャングル大帝 | トップページ | (760) クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (759) トゥルーマンショー:

« (758) ジャングル大帝 | トップページ | (760) クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦 »