« (744) 十二人の怒れる男 | トップページ | (746) 青の炎 »

2012年5月 8日 (火)

(745) レオン

【監督】リュック・ベッソン
【出演】ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン
【制作】1994年、フランス・アメリカ

殺し屋と身寄りのない少女との交流を描いた作品。

子供に暴力をふるう父親を含む家族3人を殺された少女、マチルダは、隣に住む殺し屋、レオン(ジャン・レノ)にかくまわれる。
幼い弟を殺されたマチルダは復讐を誓い、レオンから暗殺の技術を学ぶ。彼女は、犯人の麻薬捜査官、スタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)に接近するが、あえなく捕らえられてしまう。レオンは彼女を救い出すが、SWATに囲まれる。レオンは何とかマチルダを建物から逃走させ、SWATの服に着替えて建物を出ようとするが、スタンスフィールドに気付かれ、背後から銃撃される。しかしレオンは手榴弾の安全ピンを外し、スタンスフィールドを巻き添え死させる。
マチルダは一人残されるが、レオンと同じ道を歩むことを決意するのだった。

一流の殺し屋でありながら木訥で不器用な男をジャン・レノが好演。退廃した雰囲気の中ではぐくまれるレオンとマチルダの純愛が切なく胸に響く。
麻薬取締局にいながら麻薬の常習者である狂人、スタンスフィールドを演じるゲイリー・オールドマンもハマリ役。

【5段階評価】5

|

« (744) 十二人の怒れる男 | トップページ | (746) 青の炎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価5の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (745) レオン:

« (744) 十二人の怒れる男 | トップページ | (746) 青の炎 »