« (740) ツインズ・エフェクト | トップページ | (742) キッド »

2012年5月 4日 (金)

(741) Shall We Dance?

【監督】ピーター・チェルソム
【出演】リチャード・ギア、ジェニファー・ロペス、スーザン・サランドン
【制作】2004年、アメリカ

邦画「Shall we ダンス?」のリメイク。

遺言作成を仕事とするジョン・クラーク(リチャード・ギア)が、ダンス教室のポリーナ(ジェニファー・ロペス)に惹かれ、ダンス教室に通いつつ、最後は妻のビバリー(スーザン・サランドン)との夫婦愛を深める。

展開はオリジナルの邦画に極めて忠実で、主人公の家族に長男がいること(オリジナルは娘だけ)ぐらいしか違いがない。
そう思って観ているとラストシーン。オリジナルでは、妻は帰りが遅くなるからパーティに出なさいと夫を促し、お別れパーティに行くことをためらっていた主人公が、会場に遅れて到着し、ヒロインと最後のダンスを踊る。本作も、主人公がお別れパーティへの出席をためらうところまでは同じ。しかし、ダンス教室に「踊りませんか、クラークさん! 」と書かれた横断幕があるのを見つけた彼は、家に戻ると、妻のプレゼントしたダンスシューズと用意したタキシードを身につけ、露天で一輪のバラを買う。これで感動のダンス会場かと思ったら、彼が向かったのは、仲間と残業している妻の元だった。エスカレーターに乗り、バラを手に恥ずかしそうに向かってくる主人公。そして妻との慣れないダンス。これにはやられた。オリジナルも泣いたが、こっちのほうがもっと泣けてしまった。リメイクでこれだけ感動できたのは、あまりないかもしれない。

【5段階評価】5

|

« (740) ツインズ・エフェクト | トップページ | (742) キッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価5の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (741) Shall We Dance?:

« (740) ツインズ・エフェクト | トップページ | (742) キッド »