« (724) エイリアンVSプレデター | トップページ | (726) ハッピーフライト »

2012年4月18日 (水)

(725) AVP2 エイリアンVS.プレデター

【監督】コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス
【出演】レイコ・エイルスワース、スティーブン・パスカル、ジョニー・ルイス
【制作】2007年、アメリカ

エイリアンVSプレデター」の続編。プレデターを宿主として誕生したエイリアン(プレデリアン)と、その抹殺を任務とするプレデター(クリーナー)との死闘と、それに巻き込まれる人々の生存を掛けた戦いを描く。

プレデターの宇宙船内で、プレデターに寄生したエイリアンが誕生。乗組員が襲われ、宇宙船は地球に落下する。
破損した宇宙船からは、プレデリアンの他に、宿主に寄生体を産み付けるフェイスハガーも抜け出し、人間に寄生を始める。
エイリアン襲撃の指令をキャッチしたクリーナーは、地球に乗り込み、エイリアンの証拠隠滅とエイリアンの抹殺を開始する。
幼い娘、モリー(アリエル・ゲイド)を持つ女性兵士、ケリー(レイコ・エイルスワース)は、自宅をエイリアンに襲撃され、夫が餌食になってしまう。彼女は娘とともに自宅から逃げ出し、銃器店に籠城していたダラス(スティーブン・パスカル)やリッキー(ジョニー・ルイス)らと行動をともにする。
仲間の一人であった保安官のエディ(ジョン・オーティス)は無線で米軍にコンタクトし、スティーブンス大佐から町の広場に集まるよう指示される。
しかし、ケリーは、その指示を怪しいとにらみ、病院にある搬送用ヘリでの脱出に挑む。彼らはプレデリアンとクリーナーの死闘の隙を突いて何とか脱出に成功。
しかし、広場に集結したエディらは、軍の放った爆弾により、エイリアンとともに町ごと吹っ飛ばされてしまう。すさまじい爆撃から何とか逃れたケリー達は、軍隊に救助される。

エイリアン」シリーズで、シガニー・ウィーバー演じるリプリーは、エイリアンを地球に連れて行くことだけはやってはならないと、それこそ命を賭して、生物兵器として利用するためエイリアンを地球に持ち帰ろうとするウェイランド・ユタニ社の命令に背くわけだが、本作ではあっさりエイリアンが町中に入り込み、人々を襲って繁殖を始めてしまう。
これだけでかなりリプリーの努力を無駄にしてしまっているわけだが、さらにその解決策として、人間を含めて町ごと吹っ飛ばして事なきを得てしまうというのが、何ともずさんな印象があった。
とは言え、ホラー作品としてのできはなかなかのもので、少々どぎつい映像もあり、見応えがあった。

【5段階評価】3

|

« (724) エイリアンVSプレデター | トップページ | (726) ハッピーフライト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (725) AVP2 エイリアンVS.プレデター:

« (724) エイリアンVSプレデター | トップページ | (726) ハッピーフライト »