« (719) ルパン三世 カリオストロの城 | トップページ | (721) 機動戦士Ζガンダム A New Translation -恋人たち- »

2012年4月13日 (金)

(720) 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-

【監督】富野由悠季
【出演】飛田展男(声)、池田秀一(声)、古谷徹(声)
【制作】2005年、日本

テレビアニメ「機動戦士Ζガンダム」の劇場版。テレビアニメ自体は1985年だが、20周年を記念して制作された。

ニュータイプの素質を持つ少年、カミーユ・ビダン(飛田展男)が、連邦軍のエリート組織ティターンズと、対立組織エゥーゴとの戦いに巻き込まれていく。本作では、かつての一年戦争で活躍したアムロ・レイ(古谷徹)とシャア(池田秀一)との邂逅までを描いている。

数々のモビル・スーツやモビル・アーマーの登場が楽しい。ただ、映画としては今ひとつ抑揚に欠けた説明調の展開で、テレビ版を知る人には懐かしいのだろうが、見ていない人には結構退屈な気がする。

【5段階評価】2

|

« (719) ルパン三世 カリオストロの城 | トップページ | (721) 機動戦士Ζガンダム A New Translation -恋人たち- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (720) 機動戦士Ζガンダム A New Translation -星を継ぐ者-:

« (719) ルパン三世 カリオストロの城 | トップページ | (721) 機動戦士Ζガンダム A New Translation -恋人たち- »