« (711) ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 | トップページ | (713) ア・フュー・グッドメン »

2012年3月29日 (木)

(712) 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜

【監督】松岡錠司
【出演】オダギリジョー、樹木希林、松たか子、内田也哉子
【制作】2007年、日本

リリー・フランキー原作の同名小説の映画化作品。

筑豊の寂れた炭鉱町に住む少年、ボク(幼少時: 谷端奏人、青年時: オダギリジョー)は、自由奔放なオトン(小林薫)が家に不在がちなため、オカン(若い頃: 内田也哉子、老人: 樹木希林)に育てられる。高校で一人暮らしを始め、東京の芸術大学でもフラフラするが、オカンはガンに冒される。手術で快復したオカンに、主人公は相変わらず金を無心する日々だったが、ようやく一念発起して仕事をするようになり、生活基盤も安定したことから、母親を東京に呼び寄せる。
しばらくは楽しい生活が続くが、やがてオカンの病状は悪化し、ついに帰らぬ人となる。

オダギリジョーが、意識が混濁した母親のうわごとを聞いたとき、そして死後にオカンの手紙を読んで涙するシーンは、ベタながらぐっと来た。また、抗がん剤治療に苦しむ樹木希林の演技も壮絶で、見応えがある。
昭和の時代と東京タワーと言えば、「ALWAYS 三丁目の夕日」だが、本作はそれとはまた一風違った、静かな感動を与えてくれる。

【5段階評価】4

|

« (711) ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 | トップページ | (713) ア・フュー・グッドメン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (712) 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜:

« (711) ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 | トップページ | (713) ア・フュー・グッドメン »