« (695) スチームボーイ | トップページ | (697) お葬式 »

2012年3月 9日 (金)

(696) Doki Doki ヴァージン もういちど I LOVE YOU

【監督】中原俊
【出演】中山忍、林泰文、小倉一郎
【制作】1980年、日本

中山美穂の妹、中山忍の第1回主演作品。映画というか、Vシネマなのかなこれは。
アイドル作品と呼ぶには、エロシーンが多めなので、子供にはお勧めできない。

主人公は、中山忍ではなく、林泰文演じる秀樹である。
彼は水泳部でライバルに勝ち、ガールフレンドとの約束で初SEXに挑もうとする矢先、交通事故で死んでしまう。
成仏しきれない秀樹は、霊界の管理人(小倉一郎)に頼んで現世に戻してもらう。しかし、取り憑く体がなく、真理という女の子に宿ることになる。
真理の親友、早智子(中山忍)は、秀樹のライバルだった女ったらしに恋をしてしまったため、真理に宿った秀樹は、それを阻止しようとし、次第に早智子に対する恋心が芽生えていく。
秀樹は早智子がライバルの男の毒牙から逃げるのを見届けると、真理の体から抜け出すと、早智子の記憶を失った状態で別の若者の体に取り憑き、早智子と運命の再会を果たすのだった。

タイトルの題字はしょぼいわ、映像は緩慢だわ、で、ほとんど素人ビデオ作品かと思うほど。途中で出てくる女子高生の目隠しプレイは、かなり衝撃的ではあるけれど、最大の驚きは、最後に出てくる若者が萩原聖人であることかもしれない。

【5段階評価】2

|

« (695) スチームボーイ | トップページ | (697) お葬式 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (696) Doki Doki ヴァージン もういちど I LOVE YOU:

« (695) スチームボーイ | トップページ | (697) お葬式 »