« (676) X-MEN2 | トップページ | (678) HACHI 約束の犬 »

2012年1月28日 (土)

(677) ザ・マジックアワー

【監督】三谷幸喜
【出演】佐藤浩市、妻夫木聡、西田敏行
【制作】2008年、日本

架空の町、守加護(すかご)で繰り広げられる、三谷幸喜監督らしいドタバタコメディ。国内で脂の乗った俳優(唐沢寿明、鈴木京香、谷原章介、中井貴一など)がちょい役で出ているので豪華な感じがある。

レストランの支配人、備後(妻夫木聡)は、地元のギャングのボス、天塩(西田敏行)の情婦、高千穂マリ(深津絵里)に手を出し、現場を天塩の手下に押さえられる。
伝説の殺し屋、デラ冨樫を5日以内に見つけないと命はないと言われ、落ち目の俳優、村田大樹(佐藤浩市)に殺し屋のふりをさせることにする。
備後から映画の撮影だと聞かされた村田は、それを信じて殺し屋になりきる。それゆえの大胆不敵な行動に、天塩や側近の黒川(寺島進)もだまされ、天塩は村田を自分の組織に引き入れてしまう。
そんな天塩の組織に査察が入ることとなり、天塩は裏帳簿を知る経理係の暗殺を村田に命じる。備後は何とかそれを未然に防ぐが、ついに天塩に狂言だと感づかれてしまう。
村田は映画仲間を呼びつけ、映画の特撮技術を使って備後を救おうとする。そこに本物のデラ富樫が登場し、本人を騙る村田を消そうとするが、村田達が仕込んだ特撮トリックが炸裂。デラ富樫は腰を抜かして逃げてしまう。天塩の優しさに触れたマリは、真実の愛を見いだし、天塩とともに生きていくことを決意する。

村田が危ない男をベタに演じようとしてペーパーナイフをべろべろなめるなど、思わず吹き出してしまうシーンは楽しかった。村田が天塩に海に沈められようと脚をセメントで固められたりして、ようやく「これ、どうやら映画じゃねぇなぁ」と気付いたところでは、「今頃かよっ! 」とツッコンでしまったりして。
ただ、終盤のあたりは話の収拾がつかなくなって、とにかく終わらせました、みたいになってしまっている気はした。

【5段階評価】3

|

« (676) X-MEN2 | トップページ | (678) HACHI 約束の犬 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (677) ザ・マジックアワー:

« (676) X-MEN2 | トップページ | (678) HACHI 約束の犬 »