« (669) 007 ロシアより愛を込めて | トップページ | (671) インシテミル 7日間のデス・ゲーム »

2012年1月18日 (水)

(670) 猿ロック THE MOVIE

【監督】前田哲
【出演】市原隼人、比嘉愛未、高岡蒼甫、小西真奈美
【制作】2010年、日本

芹沢直樹原作漫画の映画化作品。

カギ屋のサルこと猿丸耶太郞(市原隼人)が、彼を頼ってきた清楚な女性、マユミ(比嘉愛未)に言われるがまま、警察の裏金作りの証拠となるUSBメモリの入ったトランクを盗む片棒を担ぐことになり、犯罪組織に負われる。
マユミを純粋に信じていたサルだったが、彼女は犯罪組織の一味だった。それでもサルは彼女を信じることをやめず、車ごと海に沈められたマユミを決死の覚悟で救い出す。
彼女は彼のもとを去るが、途上国の子ども達に文字を教えるという夢に向かって進み出す。それを知って、サルは泣いて喜ぶのだった。

市原隼人の演技力は、「虹の女神 Rainbow Song」ではいかんなく発揮されていると感じたが、本作は、あまりにもテレビドラマ的なコメディ色が強く、映画としては物足りなさがまさった。評価2にしそうになったが、一応飽きずに見られたので、評価は3。

【5段階評価】3

|

« (669) 007 ロシアより愛を込めて | トップページ | (671) インシテミル 7日間のデス・ゲーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (670) 猿ロック THE MOVIE:

« (669) 007 ロシアより愛を込めて | トップページ | (671) インシテミル 7日間のデス・ゲーム »