« (655) 白夜行 | トップページ | (657) ラスト・アクション・ヒーロー »

2012年1月 2日 (月)

(656) 借りぐらしのアリエッティ

【監督】米林宏昌
【出演】志田未来(声)、神木隆之介(声)
【制作】2010年、日本

スタジオジブリのアニメ作品。人の家の床下で暮らすこびとと人間とのふれあいを描いている。

序盤から、こびとのアリエッティ(志田未来)が、父親(三浦友和)とともに、人間の家に忍び込み、角砂糖とティッシュを拝借するシーン。並んで打ち付けられた釘やミシン糸の滑車など、アイディア豊かな小道具を使った潜入シーンは単純にわくわくし、楽しい。
こびとには、人に姿を見られてはいけない、という掟のあるが、アリエッティは、この家に療養に来ていた少年、翔(神木隆之介)に見つかってしまう。
アリエッティの一家は、やむなく引っ越しを決意するが、その直前、この家の家政婦であるハル(樹木希林)に、アリエッティの母親(大竹しのぶ)が捕まってしまう。アリエッティは翔と協力して母親を救い出し、こびとの仲間、スピラー(藤原竜也)と、新天地に旅立つのだった。

アリエッティの髪留めの洗濯ばさみが印象的だが、最後、翔にそれを渡すとき、あきらかに普通の洗濯ばさみより小さいので、「あれ、これ洗濯ばさみじゃないの? 」と考えてしまった。

【5段階評価】3

|

« (655) 白夜行 | トップページ | (657) ラスト・アクション・ヒーロー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (656) 借りぐらしのアリエッティ:

« (655) 白夜行 | トップページ | (657) ラスト・アクション・ヒーロー »