« (640) ミッドナイト・ラン | トップページ | (642) フェイス/オフ »

2011年12月 7日 (水)

(641) セクレタリー

【監督】スティーブン・シャインバーグ
【出演】マギー・ギレンホール
【制作】2002年、アメリカ

自傷癖のある女性、リー・ホロウェイ(マギー・ギレンホール)が、弁護士のグレイ(ジェームズ・スペイダー)の秘書となる。グレイはリーの自傷癖をやめさせるが、タイプミスの多いリーの尻を打つ折檻をしたことから、リーはそれを望むようになり、倒錯した関係に陥る。
恋人のピーター(ジェレミー・デイビス)と婚約しつつも、リーはグレイが忘れられず、彼のオフィスに純白のドレスのまま駆け込み、「手を机について動くな」というグレイの言葉の通り、ハンストを始める。ついにグレイはリーを救い、二人の生活が始まる。リーは清潔なダブルベッドの上にゴキブリの死骸を置き、満足そうな笑みを浮かべるのだった。

ラブ・コメディというにはダークな映画。万人にはお薦めできない。

【5段階評価】2

|

« (640) ミッドナイト・ラン | トップページ | (642) フェイス/オフ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (641) セクレタリー:

« (640) ミッドナイト・ラン | トップページ | (642) フェイス/オフ »