« (639) 孤高のメス | トップページ | (641) セクレタリー »

2011年12月 6日 (火)

(640) ミッドナイト・ラン

【監督】マーティン・ブレスト
【出演】ロバート・デニーロ、チャールズ・グローディン
【制作】1988年、アメリカ

元警官の賞金稼ぎ、ジャック・ウォルシュ(ロバート・デニーロ)が、麻薬王の金を横領して慈善団体に寄付した会計士、デューク(チャールズ・グローディン)を依頼人の元に連れて行こうとする。
しかし、途中でFBIや麻薬王のセラノ(デニス・ファリーナ)側の一味に追われ、次々と移動手段を変えながら、目的地のロスを目指すロード・ムービー仕立てになっている。
ジャックとデュークは、いがみ合いながら旅を続けるうちに、奇妙な友情を感じるようになり、ジャックは、期限ぎりぎりにデュークをロスに連れてくるものの、そのまま逃がすことを決断。デュークは逃走資金として確保していた30万ドルをジャックにプレゼントするのだった。

2時間強と少々長い作品だが、様々な展開が次々訪れ、テレビの連続ドラマを一気に見たような、内容の充実感がある。普通は、次第に飽き飽きしてくるものだが、この感覚は少々新鮮だった。

【5段階評価】4

|

« (639) 孤高のメス | トップページ | (641) セクレタリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (640) ミッドナイト・ラン:

« (639) 孤高のメス | トップページ | (641) セクレタリー »