« (631) 柔道竜虎房 | トップページ | (633) スパイキッズ »

2011年11月27日 (日)

(632) 男はつらいよ

【監督】山田洋次
【出演】渥美清、倍賞千恵子、光本幸子、前田吟
【制作】1969年、日本

言わずとしれた、我が国のシリーズもの映画の金字塔、「男はつらいよ」シリーズの第1作である。

面白いことに、この作品だけで、車寅次郎(渥美清)の妹、さくら(倍賞千恵子)が結婚して子どもをもうけるまでの数年間が描かれている。後のシリーズを考えれば、絶対に小出しにしそうなネタが、この作品だけで一気に展開しており、そういう意味では豪華な内容だ。
結婚式の最後で、博(前田吟)の父(志村喬)がするスピーチも涙もの。

本作の見どころは何と言っても、渥美清の気っぷのいい啖呵。小気味よい台詞回しにはホレボレする。「蒲田行進曲」の銀ちゃんにも感じたことだが、人間的には、自分勝手で短気なところもあり、決して万人受けするわけではないのだが(自分もおそらく、本当に知り合いだったら苦手なタイプだろうなという気がする)、非常に魅力的な存在である。

きれいな女性と懇意になるが、結局相手には意中の人がいて振られるという、本シリーズの定番となる展開も、分かりやすく描かれている。
ところで、博の父、「飈一郎」は、結局なんて読むのか、作品では分からないままだった。こういうところをいい加減にしておく演出は好きだ。

【5段階評価】4

|

« (631) 柔道竜虎房 | トップページ | (633) スパイキッズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (632) 男はつらいよ:

« (631) 柔道竜虎房 | トップページ | (633) スパイキッズ »