« (629) 誰かに見られてる | トップページ | (631) 柔道竜虎房 »

2011年11月25日 (金)

(630) スパイ・ゲーム

【監督】トニー・スコット
【出演】ロバート・レッドフォード、ブラッド・ピット、キャサリン・マコーマック
【制作】2001年、アメリカ

定年を迎えたCIA担当官が、自分の育てた若者の救出に挑む姿を描いたサスペンス。

トム・ビショップ(ブラッド・ピット)が、医師に扮して中国の刑務所に入り込み、収監された女性を救い出そうとするが、ギリギリのところで捕らえられてしまう。彼が24時間以内に処刑されることを知ったCIA捜査官のネイサン・ミュアー(ロバート・レッドフォード)は彼を救おうとするが、CIAは米中の融和関係を考慮し、ビショップを見殺しにしようとしていた。ミュアーは、彼をライバル視しているハーカー(ステファン・ディラーヌ)の目をかいくぐり、ビショップを救うための作戦を実行し、成功させる。
ビショップは、ミュアーの指示した作戦を実行する過程で知り合った女性、エリザベス(キャサリン・マコーマック)を愛しており、彼女を救出しようとしていたのだった。

ミュアーの計算された行動がハマっていくようすが痛快だが、やはり、この手のスパイものらしく、何が本当で何がフェイクなのか、なかなか分かりづらかった。たとえば、ミュアーがビショップを救おうとしているのが、単なる友情なのか、とてつもない悪事を働こうとしているのかなど、最後まで疑い続けなければならないのが、なんともかんとも。
1回見ただけでは、いろいろな疑問が解消できないかもしれない。

【5段階評価】3

|

« (629) 誰かに見られてる | トップページ | (631) 柔道竜虎房 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (630) スパイ・ゲーム:

« (629) 誰かに見られてる | トップページ | (631) 柔道竜虎房 »