« (626) ミスト | トップページ | (628) ルパン三世 ルパンVS複製人間 »

2011年11月22日 (火)

(627) ホワイト・プラネット

【監督】ティエリー・ラゴベール、ティエリー・ピアンタニダ
【出演】ジャン=ルイ・エティエンヌ(声)
【制作】2006年、フランス・カナダ

北極圏の大自然の中で暮らしている生き物たちを描いたネイチャー・ドキュメンタリー。

アース」や「ディープ・ブルー」に比べると、対象が北極圏に絞られており、しかもそこがまた生物の種類がそれほど豊富な地域ではないため、多少、地味な印象がある。出だしがシロクマというのは、「アース」とかぶっていたりする。それでも、様々な生き物の生態は興味深い。
曲の使い方がちょっと独特で、「アース」なんかに比べると、曲の主張が強すぎで、自然界の音に曲が覆い被さってしまっており、映像の邪魔をしているような気もした。この手の作品は、やはり自然界の「音」に驚きを感じたい。
テレビ放映版では、宮崎あおいがナレーションを担当していた。

【5段階評価】3

|

« (626) ミスト | トップページ | (628) ルパン三世 ルパンVS複製人間 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (627) ホワイト・プラネット:

« (626) ミスト | トップページ | (628) ルパン三世 ルパンVS複製人間 »