« (623) ロッキー5/最後のドラマ | トップページ | (625) 真昼の決闘 »

2011年11月19日 (土)

(624) ロッキー・ザ・ファイナル

【監督】シルベスター・スタローン
【出演】シルベスター・スタローン、バート・ヤング、アントニオ・ターバー
【制作】2006年、アメリカ

ロッキー」シリーズ第6作。

第1作から30年が経過し、公開当時60歳という年齢にもかかわらず、厚みのある肉体は健在と言ってよい。本作では、あまりの秒殺ぶり故の不人気に悩む若きチャンピオン、メイソン・ディクソン(アントニオ・ターバー)と対戦する。誰が考えても無謀な対戦だが、チャンピオンが左手を痛めるというハプニングをスパイスにして、ロッキー(シルベスター・スタローン)が善戦する展開を、さほど無理なく伝えている。

試合のシーンの迫力も、往年の作品に決してひけはとっておらず、見事。また、最愛の妻、エイドリアン(タリア・シャイア)を失って、妻の名を付けたレストランを経営するものの、心の溝を埋められずにいるロッキーの苦悩も、ほどよく描かれている。過去の作品では、ゴールデン・ラズベリー賞をいくつも受賞しているが、本作は、「またやらかしちゃうんじゃないの」という不安をよそに、見応えのある作品に仕上がっている。

テレビ東京が「午後のロードショー」で、第1作から6作を一挙に放送したので、続編に登場する過去のフラッシュバックなども記憶に新しく、なかなかよいシリーズだった。

もっとも、「午後のロードショー」については言いたいことがあって、エンディングが近くなると、必ず毎回、画面の真ん中に次の番組の宣伝が登場するという、本当に映画が好きな番組制作者なら、あるいは、本当に映画好きの人に番組を見てもらいたいと思っているなら、絶対にしない極めて興ざめなことをしてくれるので、これを一刻も早くやめるようにしてほしい。映画に没入しているときに、「そろそろ映画が終わりますよ」と肩を叩くようなお寒いことをできる神経が分からないし、そもそも次のニュース番組の特集がどうのこうのなんていう、映画と関係ないことを読む気分ではないわけで、自分は「ちくしょう、またこれが出たか」と苦々しく思いながら、そこから目を背けるようにして画面に集中するのである。
これまでも、「午後のロードショー」と似たタイミングで、別の局で同じ映画が放送されることがあったが、そういうときは必ず別の局のほうを見るようにしている。
加えて、画面上部のドラマの予告のテロップとかも流しすぎである。映画番組を、自局の番組宣伝のえさのように扱っているようなのが、「タダで映画見てるんだから、宣伝ぐらい我慢しろよ」と言っているようで、いちいち癇に障る。とにかく、画面のど真ん中に、そろそろ映画は終わりですよ、と分かるような形で番宣出すのだけは、やめてもらいたいものだ。

【5段階評価】4

|

« (623) ロッキー5/最後のドラマ | トップページ | (625) 真昼の決闘 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (624) ロッキー・ザ・ファイナル:

« (623) ロッキー5/最後のドラマ | トップページ | (625) 真昼の決闘 »