« (613) 名探偵コナン 戦慄の楽譜 | トップページ | (615) 炎のランナー »

2011年11月 9日 (水)

(614) ピーター・パン

【監督】P・J・ホーガン
【出演】ジェレミー・サンプター、レイチェル・ハード=ウッド、ジェイソン・アイザックス
【制作】2003年、アメリカ・イギリス・オーストラリア

ピーター・パンの実写映画化作品。

ウェンディ(レイチェル・ハード=ウッド)がピーター・パン(ジェレミー・サンプター)と出会い、弟のジョン(ハリー・ニューウェル)、マイケル(フレディ・ポップルウェル)とともに、パジャマのまま、ネバー・ランドに向かうという、おなじみの展開。

子供向けの作品ではあるものの、特撮はよくできていて、ウェンディたちがピーター・パンと空を飛ぶシーンや、ピーター・パンとフック船長(ジェイソン・アイザックス)との戦いのシーンなども、スピード感があり、楽しい。
色使いも考えられていて、楽しいシーンはカラフルに、怖いシーンは暗い色に、と使い分けられている。
フック船長に捕らえられ、力を失ったピーター・パンが、ウェンディの口づけで顔を紅潮させ、力を取り戻すシーンは、ちょっとなーという気もしたが、最後の親子の再会シーンもホロリとさせ、なかなかよかった。

【5段階評価】3

|

« (613) 名探偵コナン 戦慄の楽譜 | トップページ | (615) 炎のランナー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (614) ピーター・パン:

« (613) 名探偵コナン 戦慄の楽譜 | トップページ | (615) 炎のランナー »