« (589) 吸血鬼ノスフェラトゥ 恐怖の交響曲 | トップページ | (591) アラジン »

2011年10月16日 (日)

(590) 最後のブルース・リー ドラゴンへの道

【監督】ブルース・リー
【出演】ブルース・リー、ノラ・ミャオ、チャック・ノリス
【制作】1972年、香港

タン・ロン(ブルース・リー)はチェン(ノラ・ミャオ)のいるローマを訪ね、ワンの営んでいるレストランで働くことになる。レストランは悪い組織に狙われていた。ボスの直属の手下のホーがチンピラとともに店を訪れ、レストランの経営の邪魔をし、店を明け渡すよう脅してくるが、タン・ロンは得意の武術でチンピラを追い払う。
しかし、実はワンは裏で店の売却によって大金を手にすることを目論んでおり、ワンのためにチンピラと戦っていた仲間を裏切る。タン・ロンは、アメリカからやってきた刺客、コルト(チャック・ノリス)との一騎打ちに勝利。ワンとホーはボスに撃ち殺され、ボスは警察に捕まる。
店の問題を解決したタン・ロンは、チェンに別れを告げ、ローマを去るのだった。

オープニング早々、空港でおなかをグーグー鳴らしておばさんに凝視されたり、レストランで英語が読めず、スープばかり5皿も頼んだり、娼婦に誘惑されて部屋に連れ込まれ、おっぱい丸出しの女性にびっくりしたりと、ブルース・リーのコミカルな演技を見ることができる。敵側のホーは楳図かずおみたいなおっさん。最後はボスに射殺される。
ノラ・ミャオは、「ドラゴン怒りの鉄拳」でもヒロインを演じており、「ドラゴン危機一発」にも、かき氷屋の娘として登場している。

【5段階評価】3

|

« (589) 吸血鬼ノスフェラトゥ 恐怖の交響曲 | トップページ | (591) アラジン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (590) 最後のブルース・リー ドラゴンへの道:

« (589) 吸血鬼ノスフェラトゥ 恐怖の交響曲 | トップページ | (591) アラジン »