« (552) バーティカル・ターゲット/大統領狙撃計画 | トップページ | (554) ロープ »

2011年9月 9日 (金)

(553) アローン・イン・ザ・ダーク

【監督】ウーベ・ボル
【出演】クリスチャン・スレイター
【制作】2005年、アメリカ・ドイツ・カナダ

フランスのコンピュータゲームを原作としたホラー・アクション。

かつて孤児院で、ハジェンズ博士によって謎の人体実験をされた生き残りの一人、エドワード・カーンビー(クリスチャン・スレイター)は、ある日、心臓を銃で撃たれても死なない謎の男に襲われる。エドワードはその男を串刺しにして倒す。
ハジェンズ博士は、秘密組織713局で実験をしていた。彼は10,000年前に栄えたアビカニ族の遺物を求めており、闇の世界と光の世界をつなぐ扉を開こうとしていたのだ。
エドワードは恋人で博士の助手だったアリーン・セドラック(タラ・リード)、そして、かつてはいがみあった仲だったが再び信頼関係を取り戻した同僚のバーク(スティーブン・ドーフ)とともに、博士の野望を砕こうとする。最後はバークが捨て身で扉を爆破する。
エドワードとアリーンは地上に脱出し、闇の生物の進入は防いだように見えたが、最後は敵の侵攻を暗示させて映画は終わる。

レリック」同様、暗がりが多くて見づらいのが難点だが、特撮はよくできていた。ただ、ストーリーはやや分かりづらく、少々面白味に欠けている。

【5段階評価】3

|

« (552) バーティカル・ターゲット/大統領狙撃計画 | トップページ | (554) ロープ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (553) アローン・イン・ザ・ダーク:

« (552) バーティカル・ターゲット/大統領狙撃計画 | トップページ | (554) ロープ »