« (531) ダークナイト | トップページ | (533) 薔薇の素顔 »

2011年8月19日 (金)

(532) X-メン

【監督】ブライアン・シンガー
【出演】ヒュー・ジャックマン、イアン・マッケラン、アンナ・パキン
【制作】2000年、アメリカ

アメコミ作品、X-メンの実写版。CGを使った迫力ある映像が売りになっている。

人類に突然変異が頻発するようになり、特殊能力を持ったミュータントが増加している社会。ケリー上院議員(ブルース・デイビソン)は、ミュータントを区別する法案を通そうとしていた。
人類との共存を望むミュータント、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は、特殊能力を持った子供たちを集め、同志のミュータントを教師として子供たちを育てる学園を設立していた。
一方、エグゼビアの元同志で、人間とミュータントの対立は不可避と考えたマグニートー(イアン・マッケラン)は、政府要人をミュータントにしてしまう計画を立て、この計画に必要なミュータントの少女、ローグ(アンナ・パキン)を誘拐する。
自らの体にナイフを埋め込まれ、極めて高い治癒能力を持つミュータント、ウルバリン(ヒュー・ジャックマン)は、仲間とともにローグを救出する。

特撮を駆使して映像化されるミュータントの能力が楽しい。
ウルバリンの味方として、目から熱光線を出すサイクロップス(ジェームズ・マースデン)、嵐を起こす能力を持つストーム(ハル・ベリー)、サイコキネシス能力を持つ科学者、ジーン(ファムケ・ヤンセン)が登場。敵側には、セイバートゥース(タイラー・メイン)、トード(レイ・パーク)、変身能力をもつミスティーク(レベッカ・ローミン=ステイモス)といったミュータントが登場する。

【5段階評価】3

|

« (531) ダークナイト | トップページ | (533) 薔薇の素顔 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (532) X-メン:

« (531) ダークナイト | トップページ | (533) 薔薇の素顔 »