« (526) バットマン | トップページ | (528) バットマン フォーエヴァー »

2011年8月14日 (日)

(527) バットマン リターンズ

【監督】ティム・バートン
【出演】マイケル・キートン、ミシェル・ファイファー、ダニー・デビート、クリストファー・ウォーケン
【制作】1992年、アメリカ

アメコミ・ヒーロー、バットマンの実写版第2作。

今回の悪役は、工場廃液のせいでペンギンのような姿になったオズワルド・コブルポット(ダニー・デビート)。バットマン(マイケル・キートン)の相手役として、ブルース・ウェインに恋心を抱きながらも、バットマンに敵対するキャットウーマン(ミシェル・ファイファー)も登場する。
ペンギンは、畸形ゆえに親に捨てられた過去を持ち、キャットウーマンも、会社の上司、シュレック(クリストファー・ウォーケン)の秘密を知ったがために、彼にビルから突き落とされるという悲惨な目に遭っている。

相変わらずゴッサム・シティは陰鬱で、アクション・シーンもたいしたことはなく、ほとんど魅力を感じない作品だった。

【5段階評価】2

|

« (526) バットマン | トップページ | (528) バットマン フォーエヴァー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (527) バットマン リターンズ:

« (526) バットマン | トップページ | (528) バットマン フォーエヴァー »