« (509) ハンニバル | トップページ | (511) 戦国自衛隊1549 »

2011年7月28日 (木)

(510) 魔女の宅急便

【監督】宮崎駿
【出演】高山みなみ(声)、山口勝平(声)
【制作】1989年、日本

宮崎駿監督のスタジオジブリ作品。

魔法使いの掟に従い、13歳で修行の旅に出たキキ(高山みなみ)は、海の見える街を見つけ、パン屋に居候して宅急便屋を開く。一時は魔法の力が弱くなるが、なかよくなった少年、トンボ(山口勝平)の危険を救うため、魔法の力を取り戻して彼を助ける。

原作者が「宅急便」が登録商標であることを知らず、映画化に当たってクロネコヤマトがスポンサーになったのは有名な話。
また、画家を目指す少女、ウルスラとキキの両方の声を高山みなみが演じているのも見所かもしれない。

【5段階評価】4

|

« (509) ハンニバル | トップページ | (511) 戦国自衛隊1549 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (510) 魔女の宅急便:

« (509) ハンニバル | トップページ | (511) 戦国自衛隊1549 »