« (493) ヒトラーの贋札 | トップページ | (495) オールウェイズ »

2011年7月12日 (火)

(494) 幸せのちから

【監督】ガブリエレ・ムッチーノ
【出演】ウィル・スミス、ジェイデン・スミス
【制作】2006年、アメリカ

一文無しから富豪になった実在の男性、クリス・ガードナーの半生を描いた作品。

骨密度スキャナーのセールスマン、クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は、商品が思うように売れず、妻にも出て行かれてしまう。クリスは、息子は自分が育てると主張し、証券会社のトレーダーの研修生に応募。たぐいまれな熱意で成功を勝ち取っていく。その一方で、無給の研修生の身である彼は、持ち金が底をつき、借家やモーテルからは追い出され、地下鉄のトイレで息子と寝るなど、どん底の生活になる。
それでも教会の宿泊所に寝泊まりしながら、ついに研修生20人に1つの席しかない、正社員の座を勝ち取る。

ウィル・スミスが、実の息子と共演したことでも話題となった作品。正式採用が決まったときのウィル・スミスの演技は感動的。
息子のジェイデン・スミスは、「ベスト・キッド」でジャッキー・チェンを師匠として武術を習う役も演じている。

【5段階評価】4

|

« (493) ヒトラーの贋札 | トップページ | (495) オールウェイズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (494) 幸せのちから:

« (493) ヒトラーの贋札 | トップページ | (495) オールウェイズ »