« (484) バニラ・スカイ | トップページ | (486) シックス・デイ »

2011年7月 3日 (日)

(485) 水の中のつぼみ

【監督】セリーヌ・シアマ
【出演】ポーリーヌ・アキュアール、アデル・ヘネル、ルイーズ・ブラシェール、ワレン・ジャッカン
【制作】2007年、フランス

シンクロナイズド・スイミングを学ぶ少女達の性へのあこがれとおびえを描いた作品。

きゃしゃな体型のマリー(ポーリーヌ・アキュアール)は、肥満体のアンヌ(ルイーズ・ブラシェール)と友だちだった。シンクロナイズド・スイミングを習っているアンヌの競技会の見学に来たマリーは、大人びた色気を放つフロリアーヌ(アデル・ヘネル)に惹かれる。
自分の体型に自信のないアンヌは、みんなが帰ってから着替えようとするが、その全裸の姿を男子生徒のフランソワ(ワレン・ジャッカン)に見られてしまう。アンヌはフランソワをファースト・キスの相手に定め、パーティに出席するが、フランソワはフロリアーヌと恋人同士のようだった。
フロリアーヌにあこがれたマリーは、何でも言うことを聞くから練習を見学させてほしいとフロリアーヌに頼み込み、練習に顔を出すようになる。そんなマリーにフロリアーヌは、フランスワとのデート、というより明らかに性行為目的の密会のような場に同行するよう頼む。
フロリアーヌに愛想をつかすマリーだったが、フロリアーヌは性行為に臆病で、まだ処女だった。それを知ったマリーは、フロリアーヌと仲よくなり、万引きに自分をつきあわせるアンヌに「デブ」と罵声を浴びせ、アンヌのもとを去る。
フロリアーヌは、フランソワに処女と思われたくない一心で、マリーに処女を奪ってほしいと告げ、一度は断ったマリーも、「明日、彼が家に来るの」と告げたフロリアーヌの困った様子を見て、その手伝いをする。しかし結局、フロリアーヌはフランソワを拒絶してしまい、行き場のない衝動を抑えきれないフランソワは、自分にネックレスをプレゼントしてきたアンヌの家を訪ね、彼女と性行為に至る。
翌日、フランソワに無人の部室へと招き入れられるアンヌだったが、彼女もまた、「君を好きかもしれない」と告げてキスを迫るフランソワにつばを吐き捨て、立ち去ってしまう。
不仲になったマリーとアンヌだったが、夜のプールに服のまま飛び込み、無言で水面に浮かぶのだった。

ストーリーはそれほど意味不明というわけではなく、思春期の少女の揺れ動く気持ちが印象的に描かれている。しかし、あまり抑揚なくクライマックスを迎え、よくわからないオチで終了する辺りは、フランス映画っぽいといえばぽいが、何とも消化不良な感じだった。

【5段階評価】2

|

« (484) バニラ・スカイ | トップページ | (486) シックス・デイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (485) 水の中のつぼみ:

« (484) バニラ・スカイ | トップページ | (486) シックス・デイ »