« (464) 明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。 | トップページ | (466) トウキョウソナタ »

2011年6月13日 (月)

(465) バトルクリーク・ブロー

【監督】ロバート・クローズ
【出演】ジャッキー・チェン、マコ、H・B・ハガティ
【制作】1980年、アメリカ

ジャッキー・チェン主演のアクション映画。

料理店の息子、ジェリー(ジャッキー・チェン)は武術が得意で、武闘大会の出場選手を探していたドミニチ(ホセ・フェラー)に目をつけられる。ジェリーは、兄の婚約者を迎えに行くが、その婚約者をドミニチに人質にとられてしまい、大会への出場を強要される。ジェリーは師匠のハーバート(マコ)と特訓し、ドミニチのライバルが出場させたキッス(H・B・ハガティ)を倒す。

マフィアとの戦闘やローラースケートでのレースが、ほとんどドタバタ劇であり、ジャッキー・チェンのアクションが発揮されず、極めてもったいない作品。後半のバトルクリーク大会でも、相手は大柄な選手ばかりでプロレスショーと同じであり、繰り返し見たいような迫力はなかった。
師匠役のマコは、マコ岩松という日本人(米国籍)で、「ロボコップ3」の日本企業の社長役や、「パール・ハーバー」では山本五十六役を演じており、苦み走った顔立ちが日本の渋さをよく表している名優。本作では少々コミカルな役どころになっている。

【5段階評価】2

|

« (464) 明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。 | トップページ | (466) トウキョウソナタ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (465) バトルクリーク・ブロー:

« (464) 明日やること ゴミ出し 愛想笑い 恋愛。 | トップページ | (466) トウキョウソナタ »