« (420) 名探偵コナン 天空の難破船 | トップページ | (422) ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛 »

2011年4月29日 (金)

(421) ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女

【監督】アンドリュー・アダムソン
【出演】ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スカンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー
【制作】2005年、アメリカ

ペベンシー四兄弟の冒険を描いたファンタジー。原作はC・S・ルイスの「ナルニア国ものがたり」。

疎開先の屋敷で、ペベンシー四兄弟の末っ子、ルーシー(ジョージー・ヘンリー)は、大きな衣装ダンスの奥に、雪に覆われた別世界、ナルニア王国が広がっていることを知る。四兄弟はそこに入り込む。そこを支配していた白い魔女(ティルダ・スウィントン)は、次男のエドマンド(スカンダー・ケインズ)をそそのかして捉えてしまう。ライオンの姿をしたアスラン王(リーアム・ニーソン(声))は、自らの命と引き替えに、エドマンドを救う。四人はナルニア王国の兵とともに、魔女の軍勢に挑む。最後はアスラン王が蘇り、魔女の息の根を止める。

ファンタジーものらしい特撮がふんだんに使われており、楽しめる。ライオン姿のアスラン王の表現がすばらしく、特にデフォルメしているわけではないのだが(例えば、「ジュマンジ」のライオンはもっとCGアニメっぽい)、表情が豊かで、勇ましいだけでなく、もの悲しい顔も見せたりする。
ストーリーとしては、「ロード・オブ・ザ・リング」などに比べると少々子どもっぽい気もするが、もとが児童文学なので、それを欠点とするべきではないだろう。もっとも、指輪物語も児童文学に属するけど。

【5段階評価】4

|

« (420) 名探偵コナン 天空の難破船 | トップページ | (422) ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (421) ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女:

« (420) 名探偵コナン 天空の難破船 | トップページ | (422) ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛 »