« (417) アイアンマン | トップページ | (419) モンスター »

2011年4月26日 (火)

(418) ミザリー

【監督】ロブ・ライナー
【出演】ジェームズ・カーン、キャシー・ベイツ
【制作】1990年、アメリカ

スティーブン・キング原作のスリラー。恐怖映画と言えるが、オカルト現象を扱っているわけではない。

作家のポール・シェルダン(ジェームズ・カーン)は、新作を携えて雪道を走行中、道路から転落し、足の骨を折るなど瀕死の重傷を負う。ポールファンの元看護婦、アニー・ウィルクス(キャシー・ベイツ)が彼を救い出し、自室で看病をする。
しかし、彼女のファン心理は狂気に満ちており、ポールの人気小説「ミザリー」シリーズの主人公に心酔するあまり、ミザリーが小説の中で死んだことに怒り狂い、その小説を焼き捨てると、新たな小説を書き直させる。ポールはアニーを信用したふりをしながら、何度も脱出を試みるが失敗する。最後は彼女と格闘になり、彼女を殺す。

狂気に満ちたキャシー・ベイツの表情や演出がよくできていて、この手のドラマのお手本となっているとも言える。キャシー・ベイツは、「タイタニック」では、貴族の中で人々の救出を願う心の優しい女性を演じており、本作の役どころとの対比も興味深い。

【5段階評価】4

|

« (417) アイアンマン | トップページ | (419) モンスター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (418) ミザリー:

« (417) アイアンマン | トップページ | (419) モンスター »