« (394) Wの悲劇 | トップページ | (396) 愛を殺さないで »

2011年4月 3日 (日)

(395) ドラゴン怒りの鉄拳

【監督】ロー・ウェイ
【出演】ブルース・リー、ノラ・ミャオ
【制作】1972年、香港

ブルース・リー主演のカンフー映画。

日本人の支配が及んでいる上海。チャン(ブルース・リー)は、師匠が謎の死を遂げた原因を追及し、日本人の経営する道場の一味に毒殺されたことを知る。彼は恋人のレイ(ノラ・ミャオ)の心配の声をよそに、日本人の道場に殴り込みをかける。
圧倒的な力で道場の主、鈴木を倒し、自らの道場に戻るが、そこでは多くの仲間が殺されてしまっていた。
最後は道場の生き残りと引き替えに、チャンは銃を構える警察に真っ正面から飛び込んでいくシーンで終わる。このシーンが、「死亡遊戯」で顔を撃たれるシーンにつながっている。

見所はやはり、ブルース・リーの華麗な動き。映画なので殴るふりだったりするのは少々残念だが。

【5段階評価】3

|

« (394) Wの悲劇 | トップページ | (396) 愛を殺さないで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (395) ドラゴン怒りの鉄拳:

« (394) Wの悲劇 | トップページ | (396) 愛を殺さないで »