« (378) 八月の二重奏 | トップページ | (380) ターミナル・ベロシティ »

2011年3月18日 (金)

(379) カナディアン・エクスプレス

【監督】ピーター・ハイアムズ
【出演】ジーン・ハックマン、アン・アーチャー
【制作】1990年、アメリカ

マフィアのボスの起こした殺人現場を目撃した女性を救出する検事補と、女性を殺害しようとする闇の組織との攻防を描いた作品。

ハニカット(アン・アーチャー)は、互いを知らないまま会うブラインド・デートに出向くが、相手の男のとったホテルの部屋で、彼が殺される現場を目撃してしまう。犯人は闇の組織のボス、レオだった。
検事補のコールフィールド(ジーン・ハックマン)は、彼女を法廷に立たせるため、同僚とともに彼女が潜伏しているカナダの山小屋にヘリで向かうが、闇の組織に尾行され、彼らの激しい銃撃を受ける。コールフィールドはハニカットを連れ、通りかかったカナディアン・エクスプレスに乗り込むが、犯人の二人組も電車に乗り込んでくる。
電車の中で必死の潜伏を続ける二人だったが、最後は列車の屋根の上での死闘の末、犯人一味を倒す。
最後の最後、ただの旅行客と思っていた女性が、コールフィールドに銃を向け、女性を手渡すよう脅す。しかし、列車の上で立ったまま主人公に銃を向けていたため、背後から迫ってきたトンネルに気づかず、頭をぶつけて死んでしまう。列車の屋根の上での戦闘では、定番のシーンとも言えるだろう。

あまり有名な映画ではないかもしれないが、緊迫した展開が続き、なかなか面白かった。

【5段階評価】3

|

« (378) 八月の二重奏 | トップページ | (380) ターミナル・ベロシティ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (379) カナディアン・エクスプレス:

« (378) 八月の二重奏 | トップページ | (380) ターミナル・ベロシティ »