« (340) プロジェクトA2 史上最大の標的 | トップページ | (342) ボディガード »

2011年1月29日 (土)

(341) エアフォース・ワン

【監督】ウォルフガング・ペーターゼン
【出演】ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン、グレン・クロース
【制作】1997年、アメリカ

アメリカの大統領専用機、エアフォース・ワンがテロリストによりハイジャックされる。目的は逮捕されたカザフスタンの指導者、ラデク将軍の釈放だった。マーシャル大統領(ハリソン・フォード)は脱出ポッドで逃げたと思われたが、機内に残り、残された妻と娘、他の乗客を救うため、テロリストと闘う。

大統領がベトナム戦争の経験者でもあって、闘いを知っているという設定が、かろうじてリアリティを与えているが、日本だったら、総理大臣が武装したテロリストに単身挑む、なんていう映画はコメディにしかならないわけで、そういう意味では、これをお笑いにしないようシリアスに作った監督の手腕は見事と言えるかもしれない。

個人的には、圧倒的な悪から仲間を助け、正義が勝つというのは、単純に観ていて楽しいので好きである。もっとも、釈放される寸前のラデク将軍が、監獄を出る直前のところで射殺されると、政府の要人がわっと湧くのは、人を殺しといて喜ぶなよ、という気はした。

【5段階評価】4

|

« (340) プロジェクトA2 史上最大の標的 | トップページ | (342) ボディガード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (341) エアフォース・ワン:

« (340) プロジェクトA2 史上最大の標的 | トップページ | (342) ボディガード »