« (336) ライラの冒険 黄金の羅針盤 | トップページ | (338) プロジェクトA »

2011年1月25日 (火)

(337) PLANET OF THE APES/猿の惑星

【監督】ティム・バートン
【出演】マーク・ウォールバーグ、ティム・ロス、ヘレナ・ボナム=カーター
【制作】2001年、アメリカ

1968年に制作されたSF映画の名作「猿の惑星」のリメイク。

アメリカ空軍の宇宙飛行士、レオ(マーク・ウォールバーグ)は、遺伝子操作で高い知能を持ったサルとともに、宇宙空間の探索をしていた。あるとき彼は、謎の磁気嵐に巻き込まれてしまい、とある惑星に不時着する。そこでは、高い知能を持ったサルが、人を支配していた。
レオは奴隷になった人々を引き連れ、仲間がいるとおぼしき地点に向かう。しかしそこにあったのは、何千年も前に不時着したレオの母船だった。この惑星にいるサルは、宇宙船に乗っていサル達の子孫だったのだ。そこに、レオ同様、磁気嵐に巻き込まれ、消息不明だったチンパンジーが着陸する。惑星のサル達は、チンパンジーを神の降臨と考え、人間との共存の道を選ぶ。

セットが少々ちゃちいかな、というのがときどき気になった。レオとともに逃走する若い女性、デイナ役のエステラ・ウォーレンが、美人なんだけどなんとなくもったりしているのも、残念なところ。
マーク・ウォールバーグは、「ザ・シューター/極大射程」や「ミニミニ大作戦」でも主役を務めている。敵側のサルの一人はマイケル・クラーク・ダンカンだったりするが、超絶メイクのため、全く本人とは気づかない(声を聴けば分かるかもだが)。

【5段階評価】3

|

« (336) ライラの冒険 黄金の羅針盤 | トップページ | (338) プロジェクトA »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (337) PLANET OF THE APES/猿の惑星:

« (336) ライラの冒険 黄金の羅針盤 | トップページ | (338) プロジェクトA »