« (322) ザ・コア | トップページ | (324) かえるのうた »

2011年1月10日 (月)

(323) ペイチェック 消された記憶

【監督】ジョン・ウー
【出演】ベン・アフレック、ユマ・サーマン
【制作】2003年、アメリカ

ジョン・ウー監督のアクション映画。3年間の記憶を消された男が、謎の追っ手からの逃亡を図りながら、自らの記憶を取り戻す。

コンピュータのエンジニアとして高い能力を持つマイケル・ジェニングス(ベン・アフレック)は、企業の製品開発などを請け負っていた。彼は、開発した技術の漏洩防止のため、多額の報酬を得る代償として、開発期間中の記憶を、専用の機械によって消されていた。
あるときマイケルは、3年の期間を要する機器開発を請け負ったが、その終了時に手にしたのは、多額の報酬ではなく、過去の自分が自分に当てたがらくた入りの封筒だった。その封筒を手にした後から、マイケルは何者かに命を狙われるようになる。そんな彼を救ったのは、開発した企業の研究者であるレイチェル(ユマ・サーマン)だった。
実は、マイケルが開発したのは、未来の予測を行うことができる装置だった。しかし、それによって、地球から紛争がなくなることはなく、結局、人類は、紛争を避けるための紛争を行い、滅亡の道をたどることになっていた。次第に開発期間中の記憶をとりもどしたマイケルは、レイチェルと逃走劇を繰り広げ、ついに装置の破壊に成功する。

ジョン・ウー監督らしいアクション映画。ただ、記憶喪失ものであることもあり、最初に観た時には謎に満ちたシーンが多く、観ていて意味が分かりづらかった。敵役のアーロン・エッカートは、「ザ・コア」で主役の地球物理学者を演じた俳優。

【5段階評価】2

|

« (322) ザ・コア | トップページ | (324) かえるのうた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価2の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (323) ペイチェック 消された記憶:

« (322) ザ・コア | トップページ | (324) かえるのうた »