« (291) ダンシング・ハバナ | トップページ | (293) インベージョン »

2010年12月10日 (金)

(292) 余命1ヶ月の花嫁

【監督】廣木隆一
【出演】榮倉奈々、瑛太
【制作】2009年、日本

若くして乳がんでなくなった長島千恵さんの実話を元にした作品。

つきあいを始めた太郎(瑛太)と千恵(榮倉奈々)だったが、千恵は太郎と知り合ってまもなく、自分が乳がんであることを知る。胸を切除し、一度は分かれようとする千恵だったが、屋久島まで追ってきた太郎とともに病気と闘うことを決意する。ところががんが再発。闘病もむなしく、千恵の余命は1ヶ月だと告げられる。太郎は千恵にウェディングドレスを着させてやることを決意し、そこで仮の結婚式を挙げ、その場でプロポーズする。千恵は幸せな一日を過ごすが、まもなく、病室で息を引き取った。

最後は千恵から太郎へのビデオレター。このビデオレターはすごく長い尺で撮られていて、榮倉奈々の実力が光るシーンだった。この映画については、やらせだなんだという噂もあるが、それを気にしなければ、映画としてはなかなか感動的。まあ若い人が不条理に亡くなれば、そら泣くわってもんだけど。

【5段階評価】4

|

« (291) ダンシング・ハバナ | トップページ | (293) インベージョン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (292) 余命1ヶ月の花嫁:

« (291) ダンシング・ハバナ | トップページ | (293) インベージョン »