« (290) チーム・バチスタの栄光 | トップページ | (292) 余命1ヶ月の花嫁 »

2010年12月 9日 (木)

(291) ダンシング・ハバナ

【監督】ガイ・ファーランド
【出演】ロモーラ・ラガイ、ディエゴ・ルナ
【制作】2004年、アメリカ

ラテン系ダンスをテーマに若い男女の恋を描いた作品。

高校生のケイティ(ロモーラ・ラガイ)は、フォード社に勤める父の転勤で、家族とともにキューバに引っ越す。彼女はフォード社の社長の息子、ジェームズ(ジョナサン・ジャクソン)からナイト・クラブに誘われ、家族もケイティがジェームズと仲良くなるのを歓迎するが、彼女はキューバ人のハビエル(ディエゴ・ルナ)と、ダンスを通じて親しくなっていく。
アマチュア・ダンス・コンテストへの出場を決めたケイティは、ハビエルとダンスの特訓を行い、無事に予選を通過。そのことを知らなかった母親にはじめは反対されるものの、最終的には理解を得られ、決勝に挑む。ところがそこに、アメリカ人の要人暗殺をたくらむハビエルの兄、カルロスが侵入し、会場はパニックに。ところが折しもキューバ革命が実現して大統領が亡命。事件はうやむやになった。
アメリカに家族で移住するつもりだったハビエルだったが、革命を機に国に残ることを決意。ケイティは家族とともにアメリカに戻ることとなり、二人に別れが訪れる。しかし二人は前向きに未来に向かって歩き出す。ラストは二人の運命を結びつけた店、ラ・ロザ・ネグラに互いの家族を呼び、楽しくダンスに興じるところで終わる。

まあ、よくある青春映画と言えるだろう。「ゴースト/ニューヨークの幻」に出演したパトリック・スウェイジが、ダンス教室の先生役として出演している。

【5段階評価】3

|

« (290) チーム・バチスタの栄光 | トップページ | (292) 余命1ヶ月の花嫁 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (291) ダンシング・ハバナ:

« (290) チーム・バチスタの栄光 | トップページ | (292) 余命1ヶ月の花嫁 »