« (272) バイオハザード | トップページ | (274) ファイアーウォール »

2010年11月13日 (土)

(273) 猫の恩返し

【監督】森田宏幸
【出演】池脇千鶴(声)、袴田吉彦(声)
【制作】2002年、日本

スタジオ・ジブリのアニメ。「耳をすませば」の主人公、月島雫が作中で書いた小説を映画化したというスピンオフ作品。

ラクロス部に所属する女子高生、ハル(池脇千鶴)が、車に轢かれそうになった猫を助けたところ、それが猫の国の王子様だったことから、大きな騒動に巻き込まれる。猫の国に迷い込むあたりは不思議の国のアリスのような感じ。その後、ハルの姿がだんだん猫のようになっていくが、猫の事務所のバロン(袴田吉彦)の助けにより、人間界に戻る。

展開は比較的スピーディで、あまりにもナンセンスなところもないので、楽しく見ることができる。ハルは全編を通して、今どきの女子高生ぐらいのミニスカートの制服姿で、階段を駆け上がったり空を飛んだり落ちたりと、動き回るシーンの連続だが、さすがにパンチラはない。
ハルが白い猫を探すために向かった十字街にある旗の文字(クロスロード)が、CROSSLOADとなっていて、これは誤字だよなあと思ってみていたら、終盤でCROSSROADとなっているシーンもあったりして、何だったんだろうと地味に気になった。

【5段階評価】3

|

« (272) バイオハザード | トップページ | (274) ファイアーウォール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうです。ほかにも気づいた人がいてくれて嬉しいです。

投稿: 管理人 | 2010年12月23日 (木) 20:00

CROSSROAD
私も気になりました

でここに書いちゃいました(笑)

投稿: | 2010年12月22日 (水) 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (273) 猫の恩返し:

« (272) バイオハザード | トップページ | (274) ファイアーウォール »