« (269) アガサ・クリスティの奥様は名探偵 | トップページ | (271) クリスタル殺人事件 »

2010年11月10日 (水)

(270) 地中海殺人事件

【監督】ガイ・ハミルトン
【出演】ピーター・ユスチノフ、ダイアナ・リグ、ジェーン・バーキン
【制作】1982年、イギリス

アガサ・クリスティ原作の推理もの。

地中海に浮かぶ孤島で、一人の女性、アリーナ(ダイアナ・リグ)が首を絞めて殺される。ホテルの所有者、ダフネ(マギー・スミス)は、宿泊客のポアロ(ピーター・ユスチノフ)に捜査を依頼する。ポアロは富豪のホレス卿から、アリーナにだまし取られた宝石を取り返してほしいという依頼を受け、ホテルに滞在していたのだった。
捜査を進めると、島で正午を告げる号砲が鍵となり、犯行時刻は11時30分から12時の間と断定される。全ての人にアリバイがあったが、ポアロは、宿泊客のレッドファーン夫妻のアリバイのトリックを見破る。クリスティン・レッドファーン(ジェーン・バーキン)は当初、アリーナのまま娘のリンダとともに、12時頃、犯行現場と反対側の海岸でスケッチをしており、犯行は不可能と思われていた。しかし実は、クリスティンはリンダのいない間に彼女の腕時計を20分近く進め、その状態でわざとリンダに時間を尋ねたのだった。リンダは「12時5分前」と答えたが、実はそれは11時35分頃だったのだ。そこからクリスティンは急いでアリーナのところに行き、アリーナを岩で殴って昏倒させると、アリーナの水着を着て、顔をチャイナ・ハットで覆って砂浜に寝た。そこに、ガードナー夫人(シルビア・ミルズ)を連れたパトリック・レッドファーン(ニコラス・クレイ)が訪れ、アリーナの死体を発見したふりをしたのだった。パトリックはガードナー夫人に引き返すよう命じると、洞窟で倒れているアリーナの首を絞めて殺し、クリスティンは急いでホテルに戻ったのだった。

フーダニットものとしてとてもよくできている。映画もいいのだが、やはり謎ときがすばらしい作品だった。
ただ、パトリックがガードナー夫人とともにボートでアリーナのいる砂浜に向かったところは、ガードナー夫人の方から一緒に行きたいと言っており、ここはちょっとズルい気がした(アリバイ工作のためには、パトリックはなんとしてもガードナー夫人に同行してもらう必要があった)。また、ダフネが散歩中、ウサギの腐乱死体を見つけるのだが、あれは何だったのだろうか、というのも、よくわからないままだった。

【5段階評価】3

|

« (269) アガサ・クリスティの奥様は名探偵 | トップページ | (271) クリスタル殺人事件 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (270) 地中海殺人事件:

« (269) アガサ・クリスティの奥様は名探偵 | トップページ | (271) クリスタル殺人事件 »