« (262) ボーン・アイデンティティ | トップページ | (264) グリズリー »

2010年11月 3日 (水)

(263) ラウンダーズ

【監督】ジョン・ダール
【出演】マット・デイモン、エドワード・ノートン、ジョン・マルコビッチ
【制作】1998年、アメリカ

非合法のポーカーでのし上がる若者を描いた作品。

法学部の学生、マイク(マット・デイモン)は、ポーカーの強者、テディ(ジョン・マルコビッチ)との対戦に負け、3万ドルを一晩で失い、それを機にポーカーから足を洗う。しかし、友人のワーム(エドワード・ノートン)が出所したのを機に、彼にそそのかされ、またギャンブルの道へとはまり込んでいく。最後はワームの借金返済のため、テディと再戦し、大勝利を収める。

ポーカーは、心理戦に神髄があるが、単純にはカードの絵合わせであり、ドラマ的な展開になりづらい。「シンシナティ・キッド」もスタッド・ポーカーを扱っていたが、勝負の描写は最後を除いてきわめて淡泊だった。意外と描きにくい題材なのかもしれない。そう考えると、「カイジ 人生逆転ゲーム」のEカードの描き方は、なかなかよくできているなと思える。

【5段階評価】3

|

« (262) ボーン・アイデンティティ | トップページ | (264) グリズリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (263) ラウンダーズ:

« (262) ボーン・アイデンティティ | トップページ | (264) グリズリー »