« (252) プロジェクトBB | トップページ | (254) 香港国際警察/NEW POLICE STORY »

2010年10月24日 (日)

(253) 真夏のオリオン

【監督】篠原哲雄
【出演】玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦
【制作】2009年、日本

第二次世界大戦で活躍した潜水艦の乗組員を描いた作品。

亡くなった元兵士の遺族が、戦友の乗組員を訪ね、老人の回想が始まるという、この手の映画ではよくある展開で話が始まる。
途中までは、第二次世界大戦という大戦争が背景であるわりに、闘っている相手は敵の戦艦1つだけで、なぜか戦艦の真下に入っては上から爆雷を落とされて被害を受けるという感じなので、特撮も取り立ててものすごいというわけでもなく、「ああ、この映画はだめだな」と思っていたのだが、後半で盛り返した。戦争が終わり、いわゆる「ノーサイド」となり、敵側の艦長も、イ-77の優秀な戦いぶりに敬意を表するところは、ちょっと感動的だった。それがなければ評価2だった。

ケミストリーの堂珍嘉邦なんて、珍しい人が出てるなぁ、とは思った。

【5段階評価】3

|

« (252) プロジェクトBB | トップページ | (254) 香港国際警察/NEW POLICE STORY »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (253) 真夏のオリオン:

« (252) プロジェクトBB | トップページ | (254) 香港国際警察/NEW POLICE STORY »