« (250) パーフェクトワールド | トップページ | (252) プロジェクトBB »

2010年10月22日 (金)

(251) カイジ 人生逆転ゲーム

【監督】佐藤東弥
【出演】藤原竜也、香川照之、天海祐希
【制作】2009年、日本

この作品は漫画でも読んでいて、けっこう好きなので、映画化には興味があった。結構、漫画を映画にするとしょぼかったりすることがあるけれど、本作はかなりよくできていた。

藤原竜也がカイジを演じるということで、なんだかミーハーなキャスティングだな、と思ったりもしたが、彼の演技は、やっぱりすごい。鉄骨渡りの場面で、おっさん(光石研)とやりとりした後、声を上げずにおっさんが落ちるシーン。漫画と全く同じなのに、不覚にも涙があふれてしまった。藤原竜也の、ただ絶叫するだけではない、心の底からわき上がる感情の表現がきわめて秀逸。
限定ジャンケンもEカードも、漫画のほうがストーリーやトリックが重厚で奥が深いのだが、映画版は、説明調になりすぎない程度に、ほどよく話をシンプルにしつつ、それでも利根川にEカードで勝つときのカイジの「語り」では、ここぞとばかりに魅せてくれる。

最初は、どちらかというと丸顔の藤原竜也が、福本伸行の独特の面長の顔で描かれるカイジと、どことなくそぐわない印象があったのだが、ラストシーンの横顔の藤原竜也を見ると、
「あ、この鼻筋、カイジ・・・? 」
とまで感じてしまった。漫画原作をここまでうまく映画にした技量はすばらしい。

【5段階評価】5

|

« (250) パーフェクトワールド | トップページ | (252) プロジェクトBB »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価5の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (251) カイジ 人生逆転ゲーム:

« (250) パーフェクトワールド | トップページ | (252) プロジェクトBB »