« (260) 天然コケッコー | トップページ | (262) ボーン・アイデンティティ »

2010年11月 1日 (月)

(261) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

【監督】スティーブン・スピルバーグ
【出演】レオナルド・ディカプリオ、トム・ハンクス、クリストファー・ウォーケン
【制作】2002年、アメリカ

稀代の詐欺師、フランク・アバグネール(レオナルド・ディカプリオ)と、彼を追うFBI捜査官、カール・ハンラティ(トム・ハンクス)を描いた作品。スティーブン・スピルバーグ監督作品であるが、さほどすさまじい特撮があるわけではなく、クライム・サスペンスとヒューマン・ドラマの中間的な作品となっている。

小切手を偽造し、堂々とした嘘で巧みに生き抜いていくさまは小気味よく、こんなふうにされたら確かに疑わないかもしれない、と思ったり。

終盤、アバグネールが逮捕されたときのフランスの警察官としてアバグネール本人が出演しており、エンドロールにもさりげなく名前が登場している。

【5段階評価】3

|

« (260) 天然コケッコー | トップページ | (262) ボーン・アイデンティティ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (261) キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン:

« (260) 天然コケッコー | トップページ | (262) ボーン・アイデンティティ »