« (255) ナショナル・トレジャー | トップページ | (257) 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 »

2010年10月27日 (水)

(256) 20世紀少年 第二章 最後の希望

【監督】堤幸彦
【出演】唐沢寿明、平愛梨、豊川悦司
【制作】2009年、日本

20世紀少年 第一章 終わりの始まり」の続編。

この映画のキャスティングは、一部の大物俳優を除けば、すごく原作のキャラクターに似ている人を選んでおり、なんだかやりすぎで逆に鼻白んでしまうぐらいなのだが、本作で小泉響子を演じた木南晴夏は、顔もさることながら、原作の響子としぐさというか動きがあまりにも似ていて、かなり感動。逆に言えば、そこまで漫画で表現している浦沢直樹はもっとすごい、という感じでもある。

話は、第一章同様、本作も原作の漫画に忠実な作りになっているので、あまり驚きはない。そういえば「カイジ 人生逆転ゲーム」は同じように比較的原作に忠実でも、かなり感動できたのは、何なんだろう。ストーリーの重厚さという意味では、むしろ20世紀少年の方がリードしているとも言えるのだが、カイジのように、よりシンプルな作品の方が心に響くのかもしれない。

【5段階評価】3

|

« (255) ナショナル・トレジャー | トップページ | (257) 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (256) 20世紀少年 第二章 最後の希望:

« (255) ナショナル・トレジャー | トップページ | (257) 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 »