« (220) 五福星 | トップページ | (222) プレデター2 »

2010年9月13日 (月)

(221) 七福星

【監督】サモ・ハン・キンポー
【出演】サモ・ハン・キンポー、ジャッキー・チェン
【制作】1985年、香港

サモ・ハン・キンポーが監督兼主演の映画。「五福星」シリーズ第3弾。第2弾に「大福星」という作品があり、その続編。

「七福星」のメンバーが、女性の護衛をすることになるが、狂言の火事を起こしてネグリジェ姿の女性に抱きついたり、水をかけておっぱいを見たりと、破廉恥なことをする様子がコメディタッチで描かれている。
中盤以降、殺し屋3人組が登場して、話はシリアス性を増していき、フィットネスクラブでのアクションシーンとなる。マッスル(ジャッキー・チェン)が銃で肩を撃たれるなどピンチを迎えるが、最後はキッド(サモ・ハン・キンポー)がボスを倒して落着となる。

殺し屋の一人が、日本の俳優、倉田保昭で、作中でも何度か日本語を話している。

【5段階評価】3

|

« (220) 五福星 | トップページ | (222) プレデター2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (221) 七福星:

« (220) 五福星 | トップページ | (222) プレデター2 »