« (215) ハゲタカ | トップページ | (217) 彼女が水着にきがえたら »

2010年9月 8日 (水)

(216) センター・オブ・ジ・アース

【監督】エリック・ブレビグ
【出演】ブレンダン・フレイザー、アニタ・ブリエム、ジョシュ・ハッチャーソン
【制作】2008年、アメリカ

ハムナプトラ/失われた砂漠の都」のブレンダン・フレイザーが主役の冒険映画。

ジュール・ベルヌの小説「地底旅行」がモチーフになっており、トレバー(ブレンダン・フレイザー)ら3人が、地上から160km下の地底に迷い込み、脱出するまでの奮闘を描く。
地底に海があったり恐竜がいたり、果ては食人植物がいたり(ふだん何を食べてんだよ、っていう)と、荒唐無稽ではあるけれど、けっこう楽しめた。

ただ、トロッコのシーンは「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」のパクリだし(しかもジャンプして着地するところまで同じ)、もうちょっとアイディアはなかったの、という気がした。

【5段階評価】3

|

« (215) ハゲタカ | トップページ | (217) 彼女が水着にきがえたら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (216) センター・オブ・ジ・アース:

« (215) ハゲタカ | トップページ | (217) 彼女が水着にきがえたら »