« (143) 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | トップページ | (145) アイ・アム・レジェンド »

2010年6月10日 (木)

(144) シッコ

【監督】マイケル・ムーア
【出演】マイケル・ムーア
【制作】2007年、アメリカ

国民皆保険ではないアメリカにおいて、保険に入っていても不払いの問題などで苦しむ可能性があるということに鋭く切り込んだ映画。特にヨーロッパや、はてはキューバといった他国の医療制度の手厚さに触れ、アメリカの多額の自己負担が必要な医療制度に警鐘を鳴らしている。

マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画は初めて観たのだが、非常に興味深く見ることができた。ほかのも機会があればぜひ観てみたいと思った。
なお、本番組での一番の衝撃は、番組の冒頭で、この映画を紹介しているフジテレビ遠藤玲子アナが、国民皆保険を「こくみん・みなほけん」と読んだことだったりする。遠藤アナの知識がどうこうというより(すべての用語の読みを知っているなんてことは不可能なので)、録画なんだから撮り直せよ、と。もしかしてスタッフ誰も読み間違いに気づかなかったのかな。

【5段階評価】4

|

« (143) 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | トップページ | (145) アイ・アム・レジェンド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (144) シッコ:

« (143) 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ | トップページ | (145) アイ・アム・レジェンド »