« (142) ザ・インタープリター | トップページ | (144) シッコ »

2010年6月 9日 (水)

(143) 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

【監督】吉田大八
【出演】佐藤江梨子、佐津川愛美 、 永作博美 、 永瀬正敏
【制作】2007年、日本

崩壊寸前の危うい人間関係の4人の家族。この先に、どういう凄惨な結末が待っているのかと思いながらみていると、兄(永瀬正敏)は自殺同然の死に方をし、今まで姉(佐藤江梨子)に虐げられてきた妹(佐津川愛美)が、姉に叫んで終わる。最後に叫ぶのは妻(永作博美)なのかな、と思っていたが、彼女は最後まで天然のままだった。

不思議な感覚の映画で、非常に退屈というわけではないが、マイナーな邦画によくある感じの、こんなの作ってみました、的な中途半端な作品。観て得した、と思えるほどではなかった。

【5段階評価】3

|

« (142) ザ・インタープリター | トップページ | (144) シッコ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (143) 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ:

« (142) ザ・インタープリター | トップページ | (144) シッコ »