« (136) シンデレラマン | トップページ | (138) 極道の妻たち 赤い殺意 »

2010年6月 2日 (水)

(137) 天使にラブソングを2

【監督】ビル・デューク
【出演】ウーピー・ゴールドバーグ、マギー・スミス、ローリン・ヒル
【制作】1993年、アメリカ

天使にラブソングを・・・」の続編。前半はややダルいが、後半の歌のシーンはやっぱり涙もの。

今回は修道院ではなく、地域のハイスクールの再生がテーマ。デロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)は音楽の先生として、学校に乗り込む。
最初は生徒たちのいたずらや反抗に手を焼くデロリスだったが、彼らに修道女たちの歌を見せると、一気に合唱の魅力に惹かれるようになり、彼女の音楽の指導のもと、まとまっていく。ついには伝統の音楽コンクールで優勝を果たす。

ところどころの音楽シーンがとてもよく、思わずジーンと来てしまう。教育ママに音楽などやめろと言われていた女の子(ローリン・ヒル)が、最後に母親にほめられ、抱きしめられるシーンも感動的。こういうのは映画館で観るといいだろうな、と思う。

【5段階評価】4

|

« (136) シンデレラマン | トップページ | (138) 極道の妻たち 赤い殺意 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (137) 天使にラブソングを2:

« (136) シンデレラマン | トップページ | (138) 極道の妻たち 赤い殺意 »