« (124) デアデビル | トップページ | (126) スパイダーマン3 »

2010年5月13日 (木)

(125) タキシード

【監督】ケビン・ドノバン
【出演】ジャッキー・チェン、ジェニファー・ラブ・ヒューイット
【制作】2002年、アメリカ

ジャッキー・チェン主演のアクション映画。歳は50近いのに、アクションはスピーディで気持ちいい。

本作のジャッキー・チェンが演じるのは、しがないタクシードライバーのジミー・トン。ひょんなことから秘密組織のエージェント、デブリン(ジェイソン・アイザックス)のドライバーをすることになるが、悪玉企業に命を狙われ、デブリンは重傷を負ってしまう。実はデブリンは、超高性能のタキシードを着ることで、超人的な能力を発揮していた。
ジミーはタキシードの秘密を知り、デブリンの代わりに悪の組織のたくらむ計画の阻止に挑む。相棒のデル(ジェニファー・ラブ・ヒューイット)は、デブリンのドジっぷりに手を焼くが、最終的には、協力して組織のボス、バニング(リッチー・コスター)を倒す。

映画には、人間をひからびさせてしまうバクテリアを媒介するアメンボが登場する。このバクテリアの入った水を飲んだ人間がみるみるうちにひからびるというシーンが、ハリウッド映画らしい特撮で描かれており、生身のアクション主体のジャッキー映画に色を添えている。

【5段階評価】4

|

« (124) デアデビル | トップページ | (126) スパイダーマン3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (125) タキシード:

« (124) デアデビル | トップページ | (126) スパイダーマン3 »