« (107) Presents~うに煎餅~ | トップページ | (109) 風の谷のナウシカ »

2010年4月16日 (金)

(108) 俺たちに明日はない

【監督】アーサー・ペン
【出演】ウォーレン・ビーティ、フェイ・ダナウェイ
【制作】1967年、アメリカ

衝撃的なラストシーン(死のダンス)が特に有名な、アメリカン・ニューシネマの代表作。

番組の最初に、ナビゲーターの三田村邦彦が「知らないうちに犯罪者のほうを応援してしまう」と紹介した。だけど残念ながら、自分は最後まで、この有名な二人組に共感することができなかった。

銀行からは金を獲るが、預金者の所持金は襲わない、という点が、大衆のヒーロー的存在となったということのようなのだが、その点はあまり強調されていない。気に入らないことがあると、「また銀行を襲ってやる! 」と叫んでみたり、一般市民に挑発的にからんでみたり。とても応援する気にはなれなかった。

【5段階評価】3

|

« (107) Presents~うに煎餅~ | トップページ | (109) 風の谷のナウシカ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価3の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (108) 俺たちに明日はない:

« (107) Presents~うに煎餅~ | トップページ | (109) 風の谷のナウシカ »