« (81) Love Letter | トップページ | (83) ツイスター2008 »

2010年2月28日 (日)

(82) 天使にラブソングを・・・

【監督】エミール・アルドリーノ
【出演】ウーピー・ゴールドバーグ
【制作】1992年、アメリカ

有名な映画だと思うが、実際、相当いい映画だった。第60回紅白歌合戦ではないが、「歌の力」を感じさせた。

クラブシンガーのデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)は、知り合いのマフィアが仲間の裏切り者を撃ち殺すところを目撃してしまい、命からがら逃げ出すと、警察に駆け込み、事情を話す。警察は、裁判までの間、彼女を修道院にかくまうことにする。
警察は、マフィアに見つからないよう、修道女らしく振る舞うよう彼女に指示するが、聖歌隊の指揮者を引き受け、それまで聞くに堪えない歌声だった聖歌隊が、ソウルやロックを取り入れた彼女の指導で見違えるように魅力的になり、地元で大評判となる。
ローマ法王も聞きに来るという話になり、興奮する彼女たちだったが、ついにマフィアが彼女の居場所に気づき、デロリスを拉致してカジノに連れて行ってしまう。彼女の存在が不可欠だと確信した修道女たちは、むりやりヘリをチャーターすると、カジノに乗り込み、まんまと彼女の救出に成功。最後はローマ法王の前で、堂々と聖歌を披露する。

話はシンプルだが、とにかく合唱のシーンが感動的。おもわずホロッとしてしまった。

【5段階評価】4

|

« (81) Love Letter | トップページ | (83) ツイスター2008 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

評価4の映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (82) 天使にラブソングを・・・:

« (81) Love Letter | トップページ | (83) ツイスター2008 »